ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版




OSPブログ257号(ソヨゴをご存知ですか?)          2017/4/23



柿の木を抜いた後にと、庭師の方が新しい木を植樹してくれることに
なりました。


先日、庭師の方が植樹の提案をするために、家に電話をかけてきたのです。


受けた妻が、もともと庭師の方にお任せだったのですから、よろしくお願い
しますと言ったそうです。


でも、その後ネットで何か調べているのです。



訳を聞いたら、庭師の方から今度植栽する木が、「ソヨーゴ」だと聞いたけど、
初めて聞く木の種類なので、どんな木なのか調べているというのです。



だけど、一生懸命調べても「ソヨーゴ」では出てこない。もしかして「ソーヨゴ」の
間違いかと思い調べても、それでも出てこない。どうしてなのかと思い悩んで
いるのです。



「今度庭師が来たら聞いてみたらいいよ」、と不満顔の妻を見ながらその場は
収まったのです。


2日後、植栽に現れた庭師に今度は私が直接木の名前を教えてくれるよう
頼んだのです。



口頭で「ソ、ヨ、ゴ」です。というのです。


なるほど、「ソヨーゴ」とも聞こえる口頭説明ですので、私は確認しました。


「3文字のソヨゴですか?」、と聞いたのです。


そしたら、「そうです。ソ、ヨ、ゴ、」です。と答えるのです。



妻に、すぐその旨を伝えました。「ソヨーゴ、でもソーヨゴ」でもない。

「ソヨゴ」の3文字だと言ったら、すぐネットで調べた妻が「あった―」と歓喜の
声です。



伝え方、聞き方の難しさを再認識したところです。


世の中、「言った、言わない」、など巷での会話や取引などの世界に限らず、
詐欺や各種トラブルなどが発生しやすい事例です。



したがって、特に商取引などの場合、書面で証拠を残すようにするのですが、
いかなる場合も出来る限りの確認作業をおろそかにしてはいけないように
思いました。



昨今は国会の場での論戦でも、「言った、言わない」、証拠書類もないなどと
言われているのを見ると、人間社会も大して進歩していないのかもしれないなどと、
思ってしまうのです。



その根底に、若し責任逃れや、思い込みによるものも多いとなると、
もうすでに実施しているかもしれないのですが、小学校の頃から、

算数、国語と同じように、社会生活の根底に関わる「聞き方、伝え方」、程度の
コミュニケーションスキルを徹底して学んでおく必要があるのではないかと思って
しまいます。





最後までお読みいただきありがとうございました。






スポンサーサイト

| コミュニケーション | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamatoito.blog.fc2.com/tb.php/329-5bebdd37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT