ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版



OSPブログ256号 (柿の木サラバ)        2017/4/16




私が今の家に転居したのが9年前でした。

以前の家にはもう少し広めの庭があり、実のなる木々もキュウイ、アケビ、
グミ、スグリなど、私が幼い頃馴染んだものを、子供たちにも触れさせたい

と思い植えたのですが、残念ながらファミコンに夢中の子供たちは寄り付き
ませんでした。 



今の家に転居したとき、実がなる木の中で、柿の木だけは移植して
もらったのです。



これまでも依然の家同様、沢山実らせ私たちの味覚を楽しませてくれて
いたのですが、先日思い切って抜いていただいたのです。



転居するとき、柿の木を低木にしていただいたのですが、幹は太く
しっかり根を張って逞しい木になっていたのです。


私の人生もこのように根がしっかり張ったものでありたい、と思うことも
ありました。



低木の理由は、柿の実は干し柿にもできますのでほとんど食用として生かす
のですが、3~4個は取らずにそのままにしておくのです。


要は家の中から冬の雪景色の中で、木についてる柿の実を見て、
昔の歌人はワビサビを思いめぐらしながら何を感じ取っていたのかなどを
推測しようとするのですから、私も無礼な人間であったかもしれません。



柿の木を抜いた理由は、落葉にあります。


初冬を迎えるころは柿の葉が落ちていきます。

ご存じのように木の葉は、手の平ぐらいの大きさですし、ぬれたときなど
日がさしてキラキラ輝くこともあるにしても、地べたに張り付いた葉は、
いくら掃いても容易に取れません。



また、乾いた葉は、風が吹くと近所の軒先まで浸食し、その都度謝りながら
「うちの葉がお邪魔してしまって」と謝って歩かなければなりません。



それも、隣の家ぐらいであれば、まだしも遠くに飛ばされた葉は、名前を書いて
いないとはいえ、町内の人は私の柿の葉だとすぐ推測できます。



高齢の私です。なかなか葉の処理までは難しくなったのです。


そこで思い切って、長年家族を楽しませてくれたこの木を抜いたのです。


以前の家から数えると、20年近いかもしれない柿の木です。
業者の方にはいい柿の木なので、植採希望の人を探してくださるよう
お願いしたところです。


それにしても、抜いた後はやはり寂しいものがあります。


お世話になったのです。良い思い、楽しい思いもさせて
くれて感謝しているのです。


スカスカになった空間です。


業者が庭のバランスを考えて今度は常緑樹を植えてくれると言っています。

心を豊かにしてくれる樹木を期待しているところです。





最後まで読みいただきありがとうございました。





スポンサーサイト

| 雑感 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamatoito.blog.fc2.com/tb.php/328-88e28164

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT