ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「今日のいっぷく」日曜版



OSPブログ259号(悪人が悪事を働くわけ・・)   2017/6/4



 毎日、新聞テレビを見ていると、世界に限らず、国内でも、しかも法律や

社会規範に抵触するかどうかなども含めて、様々なニュースが報道されています。


 世界中が戦争やテロに脅かされたり、自国民のためだと説いては自分の

地位を確保する手段としたり、権力保持者が容赦なく弱いものをいじめ

ようとするなど、何が善で何が悪なのかが分かりにくい世の中のように感じます。



 私は、このブログでは政治の世界には立ち入らないことにしていますが、

あまりに混沌としている世界や国内政治を垣間見ては時々憂いているのです。





 先日、NHKのドラマ「ダウントンアビー」を見ていて、なるほどと思わされた

言葉が頭から離れないのです。


「悪人が悪事を働くのは、善人が何もしないからだ!」


と言ったのです。



私には衝撃的でした。どんな人が悪人で、どんな人が善人なのか?

また、悪と善とは何を指すのかはすぐ定義する力は私にはありません。




ただ、言えることは、人間は悪と善の両方を持つ生き物だと思っていますので、

せめて法治国家であるうえは、法に触れた部分で悪とするのが分かりやすい

のかもしれないということだけです。



もっとも、誰もがその割きりでは納得できないとは思っているのですが。


さて、ダウントンアビーです。「善人が何もしない」と言われた時、人々は

自分だけは善人だと言い切るのでしょうか。

悪いことをしなければ善人だと思われるとすれば、この発言には

参加できないかもしれません。

様々の社会現象がありますが、とりわけ権力者やリーダーに蟻が群がる

ように本来の自分の価値観とは異なっても、自己の利益を求めて追随

する姿は多分美しいものではないでしょう。




でも、その人達の弁明を推し量れば、結局自分は善人だと言い

切るように思います。



「善人が何もしない」のではないと思うのです。

それぞれが何かはしているのですが、個人の小さな力では世の中

どうにもならないと思っているだけです。



私は、このTVを見てから、自分は、「何をしたらいいのか」と、
思うようになりました。





私も善人の方の私を引き連れて、ささやかにでも、私らしい行動を起こして

みようと思うのです。





もっとも、時折善人のふりをするリーダーたらんとする輩がいることには
注意が必要ですが・・・。
  




最後までお読みいただきありがとうございました。





スポンサーサイト

| 社会問題 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |