ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版



OSPブログ258号(今晩、何食べたい?)    2017/5/28



 病気の私に配慮してと思いますが、朝食が済むと、「今晩、何食べたい?」
と妻が毎朝聞いてきます。


せめて食べるものは好きなものをと思ってくれているのは分かるのですが、
残念ながらこれという「食べたいモノ」は思い浮かばないのです。


もともと、「食」についてはあまり関心がなかった私でしたし、勿論美食家でも
大食家でもない上に、病気で食欲もあまりなく、味覚も鈍っているとなると
答えることが出来ないのが現実なのです。


でも、不思議なことに、中には「ところてんやソーメン」など、あまり栄養価が
高いとは思えなくても、のど越しが良かったり、濃い味の料理は食が進む
こともありますので、それに応えてやりたいと思っているようなのです。




「足るを知る」という言葉が好きですが、あまり欲張らずに幸せを感じられたら
いいと思いながら過ごしてきた人生ですが、食に関してもそんなに欲望は
もてないのです。




それにしても、最近はグルメ花盛りで、おいしいものを写真でフェイスブック
にたくさん乗せられる方がおられます。


また、毎日のチラシにもおいしそうな写真が載っています。


実際私も見ていると脳が、「お!うまそうだな!」と思うのですが、
残念ながら、足を運ぼうとか、宅配してもらおうなどとまでは思わないのです。




食に関心のない人間がいる、家族はかわいそうと思うようになりました。



私は食べたくなくても、家族は食べたいのではないかと思うのです。




もともと勝手な人間でしたので、自分の事しか考えずに何が食べたい
などと言わなかったのですが、医者には栄養を取ってくださいと言われて
いることもあり、あれこれ工夫して食事の世話をしてくれている妻に、
せめて今からでも、多少の気配りをしてあげなければと思い始めたのです。


私にとっては大変な進歩です。




「よし、ステーキにしよう!」とか、「お寿司にしよう!」というのですが、
いざ食べ始めるとあまり私の箸が進まないのです。



次第に、私が食べたいモノだけになります。それでも、あれこれネットで
体に良いものを調べて作っていますので、感謝しなければならないのです。




したがって、最近は自分の身体の事もあり、無理をしてでも
口に運ぶことにしています。




心なしか、体力は上がっているようにも感じるのですが、いつの日か、
妻が本当に食べたいものを好きなだけ食べさせてやりたいと思う
ようになっています。


「養生」。自分の身体を回復させるのが先決なようです。





最後までお読みいただきありがとうございました。






スポンサーサイト

| 雑感 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |