ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ワンコインコーチングセミナー 9月期  【ご案内】

             ワンコインコーチングセミナー 9月期のお知らせです



   第11回    テーマ  【自分を知るⅡ・強み】

◆日 時    9月12日(水)     18時15分~19時45分

◆場 所    秋田市 県民会館(ジョイナス) 2F練習室 3
                  

   第12回     テーマ  【ストレス対応】

◆日 時    9月26日(水)     18時15分~19時45分

◆場 所    秋田市 県民会館(ジョイナス) 2F練習室 3



●  参加費     1回 500円 (施設利用料、資料代、通信費)



【自分の強みを知る】
○ 人は自分の強みを明確には確信のないまま、お過ごしの方が多いと思います。
  強みはどなたも持ち合わせているものですので、それがなんであるかを出来るだけ明確にすることが
  ライフプラン作成にも有効とされています。

○ 貴方は弱みの克服と強み磨きではどちらに軸足を置こうとしていますか?
強みをはっきりさせ、磨き、行動することは、仕事でもプライベートでも貴方をさらに輝かせると思います。


【ストレスレベルを知る】
○ 「暑さだけでもストレスがたまるよ」そんな方がいるようです。
  その上、公私にわたり難しい問題に直面してさらにストレスがたまります。
  貴方の「ストレスレベル」はどのくらいでしょう。眠れてますか?
  「気分爽快」といきたいですね。




☆  1日一つのスキルアップを目指して参加してみませんか。
   どなたでも参加できるセミナーです。お持ちしております。









スポンサーサイト

| セミナー | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミュニケーションには「あたたかみ」が有効です

OSPブログ34号

 毎日全国で記録的猛暑に見舞われていることを報道されておりますが、報道そのものでさらに覚悟を
決めさせられている、と感じているこのごろの私です。

 そんな中、人との交わりもつい「面倒になったり」、「ぞんざいな言動をして」、ハッとする
ことがあるのは、私だけでしょうか。

 家族であれ、職場であれ、友人同士であれ、親しければ親しいほど、相手の許容範囲を勝手に広げて、
不愉快な思いをさせることがあります。

 これは気をつけなければならないことです。

 コミュニケーションはやはり「あたたかみ」のあるほうが好ましいですよね。

 そこで今日は「あたたかみのないコミュニケーション」を回避する方法を考えてみたいと思います。


 ときには、「そんな細かいことは良いじゃないか」と頓着しない方もおられますが、
でも、それはその方の基準で、誰にも当てはまることではありませんよね。

 貴方もこれまで、「こんなコミュニケーションはご免だな」と思われた経験はあるでしょう。

 たとえば、場の盛り上がりとは反対に、無感情や冷たい感じの対応、口を開けば、
人の批判や抽象、さらに話し方は断言口調などの方に「不愉快だな」と感じたことはありませんか?
 

その時貴方はきっと、このコミュニケーションを早く打ち切りたいと思ったり、その人とは
距離を置こうと思ったのではないかと思いますがいかがですか。
 

 本人はもしかして大きな問題とは受け止めていないかもしれませんが、気がつかない分だけ始末が
悪いともいえます。その時あなたは、自分はそうなりたくないと思われたのではないかと思います
私もいつもそう思っているひとりです。


 人は自分の気持ちをコントロールしながら生きているわけですが、つい自分でも意識なしに
「あたたかみのない」言動をすることもあります。

 これを克服するには基本として、「人の振り見て我が振り直す」のですが、加えて
「さらに良好な関係を築く」実効ある方法としては、言葉と文字で日々認識を高めることが有効
ではないかと思っています。
 特に文字にしてそれを見ることは頭の制御装置を稼働させる有効手段です。
そこでカードに書いて時々それを見ることを実践することにしました。
 

 こちらの態度に相手も呼応してくれることを期待して、カードには、例えばこう書きます。

1、 冷淡な態度はとらない
2、 否定したり、欠点を指摘しない
3、 堅苦しく感じさせない工夫をする。
4、 感情移入は相手の感情に沿う
5、 ゆったり相手を受け止める



 もっとも結局は私自身が、どのくらい人に敬意を払えているかどうかが大きなカギだろうとは思いますが。
 


 


  最後までお読みいただきありがとうございました。

| コミュニケーション | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑い季節は「好感度アップ」を図る

ブログ33号     
 暑い毎日が続いています。熱中症には気をつけていただきたいと思います。
 
 先日、中学時代の同級生、女性ですが暑中見舞いのはがきをいただきました。
それには、昼は「トド状態」と書いてありました。妙にしっくりきて笑ってしまいました。
 
 さて、夏になるとサラリーマンたちもクールビズなどカジュアルな装いとなります。
しかし、人との対面の機会が多い方は、キチンとスーツを着て頑張っておられます。

 一方、クールビズなどカジュアルな服装で仕事をされている方であっても、人との対応には
「好感度」が大事と清潔感などを気にしながら、日々がんばっておられる人もいます。
 
 この暑い夏ですので、服装が多少気になると思われる方がおられましても、「印象」を良くする
方法は他にもあるわけですので、そのスキルを磨いた方がスーツを着るより有意義ではないかと思う
のですが、叱られるでしょうか。あなたはどう思われますか?
 
 「好感度」の定義は主観が伴いますので、大変難しい問題です。

 要は相手に「不愉快な思いをさせず」、むしろ「心地良さ」を与えられるかどうかと云った
方が分かりやすいと思いますが・・・。   そこで貴方にお聞きします

 あなたはどういう方に「好感」をお持ちになりますか

 貴方はきっとあなたの主観で、容姿の他に、話し方、態度、雰囲気など数値で表しにくいものを
頭に浮かべるのではないでしょうか。さらに、もうひとつ質問します。

 あなたは、もっと「好感度」をアップしたいと思うとすれば何をしますか?

なかなか答えにくい質問ではないでしょうか。  大丈夫です。

 貴方が「好印象」を持つ方をモデルにすればいいだけです


 「好感度」は他人相手の話です。相手を知ることが一番の良薬になるのですが、私も自信のある
課題ではありませんので、とりあえずは、次のことを試してみようと思います。


貴方には関わりがないかもしれませんが、私につきあっていただけませんか?
    

 【試し事】
1、相手の良いところを見つける努力をする。
2、笑顔を保つ。
3、真剣に人の話を聞く。
4、相手の姓名をキチンと覚える。
5、不作法、無礼な言動はしない。


「コミュニケーションの取り方は銀座のホステスに学べ」という言葉を聞いたことはありませんか?
美人かどうかは関係ないそうです。



 最後までお読みいただきありがとうございました












| セルフマネジメント | 23:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「名選手が名監督になるとは限らない」 ことを知る

OSPブログ32     

 高校野球が始まりました。ボールを無心に追いかける高校球児たちのひたむきな姿に人々は感動します。
選手たちは、監督の理念に強く影響され、人としても大きく成長していると思われます。
 
 また、小学校、中学校、高校においては、この野球以外のスポーツも含め、音楽など文化部においても、
優れた指導者にめぐり合い、充実した学校生活を送っている子供たちがたくさんいます。
指導者たちに敬意を払いたいと思います。
 
 しかし、思春期における子供たちがみんな、よき先生や指導者にめぐり合えるということでもなさそうです。 

 今、学校でのいじめの問題が盛んに論じられています。あってはならない子供の自殺までの問題は、
勿論様々な原因があるにしても、子供たちを指導する立場にある人達にも責任の一端はあるように思うのです。
 
 残念にも、いじめは子供の世界だけではありません。社会においても、加害者にはあまり意識はない
ようですが、苛められていると感じる大人もいるのです。
 
 子供の時は先生や指導者に大きな影響を受けますし、社会人になればなったで上司によって伸びる部下、
伸びない部下に分類されてきます。
 
 指導を受ける方は子供であろうが大人であろうが、一般的に指導者を選べません。
指導される側にも問題がある時も勿論ありますが、それにもまして不埒な教師や指導者、
感情的な上司などが多く存在することも事実です。
 

 世の中、「名選手は名監督になる」との思い込みで、学校でも職場でも「指導者人事」の基本を
「学歴や履歴を重視」する人事権者もいるようです。確かに名選手で名監督の人もおられるでしょう。

 しかし個々人の可能性を引き出すのが指導者の仕事であるにも関わらず、マニュアルや自分の成功尺度を
基準にする「名選手であった監督」がおられるのも事実なのです。
 

 人の能力は様々です。その能力に気付き本人を成長させる手立てを講じるのが指導者の責任です。 
 
 子供でも、若い職員でも、先生や様々な指導者次第で大きく成長できたり、人生に迷い込んでしまう人も
いることを知るべきです。

 学生時代、一生懸命勉強して、社会で重要な役割を担っている方も少なくありません。その方々には
特にですが、指導者資質を合わせ持っていただきたいと思います。

 そして間もなく指導者になられる方も、早い内から自分の立ち位置を確認して置いた方が得策です。

  誰でもが優れた指導者になれる保証はないのです。

 よき指導者はよきリーダーでもあります。多くの資質を要求される立場です。

 老婆心ながら、私自身の反省も込めて、はじめに、次の3点については特に着手されることを
お勧めします。それは
 

 1、相手が誰であろうが敬意を払うこと。
 2、常に第三者的な視点で自分を観察すること。
 3、自分の成功経験を尺度に相手に強いるのは、時と場合に限ることを知ること。


 私も若いうちからこれらを身につけていればと、今つくづく感じているのです。

もうひとつ、人はテクニックに走った指導者を決して尊敬しないことを肝に銘じておく必要があります。
 

        最後まで読んでいただきありがとうございました。




| セルフマネジメント | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリンピック選手に学ぶ 「モチベーションアップ」

OSPブログ31号

 オリンピックも今や佳境に入っております。日本人のメダルラッシュが連日報道され感動を呼んで
おります。 もとより残念ながらメダル獲得に至らなかった選手もその努力により間違いなく多くの
ものを手に入れたことと思います。
 
 選手たちは、長い間、オリンピックへの出場を夢見て鍛錬されてきたと思いますが、長期にわたり
モチベーションを持ち続けるのも夢があるとは言いながら大変な自己啓発を余儀なくされてきたと思います。
 
 彼らのモチベーション持続のカギの一つは、時間や相手や技術など乗り越える課題が明確であり、
それが日々の練習でどれだけ習得できたのかが分かることにより次のステップに進む糧になっている
のかもしれません。
 
 そしてこの少しずつの積み重ねを続けてきたのが見ている人にも伝わるので、感動させられる
ということでしょう。

 スポーツ選手に限らず、努力されて夢を実現される方も多いのですが、私のように夢はみるものの
モチベーションを持ち続けることが出来なくなって、夢実現を断念してしまう人もおられます。
 
 モチベーションを持ち続ける方法は人それぞれで違うかもしれません。スポーツ選手のように
自分の力量がその都度図れる物差しがあるというのが気持ちを持続可能にしている場合もあるでしょうし、
人の評価を得ることで更にモチベーションアップにつながる人もいるかもしれません。
 
 そう考えますと、自分の進歩を図れる物差しがあることもモチベーションを持ち続ける要因の
一つかもしれないと思ったりします。
 
 そこで、私も考えるのです。具体的な施策や達成値を示して提案しなければならない責務を
持つ政治家が、やたらに「しっかり」という抽象的な言葉を多く使い始めて国民を煙にまいていますが、

自分の進捗を図るときは、出来るだけ具体的に図れる物差しをつくることが大事なのではと思うのです。
 
 

 進捗が「数値」で図れるものであれば分かりやすく取り組みやすいと思うのですが、どうしてもそれが
難しいとすれば、
 
 例えばですが自分で評価チェック表をつくり、何人かの人に定期的に客観的にチェックして
もらうなど、自分に合う方法を見つけ出すのも自己啓発の大きなツールを手にすることになると思え
るのですが・・・・・、

 貴方はどう思いますか?
 
 
 人は皆夢はみます。そして実現したいとも思います。そのため必要なのは自分の気持ちを鼓舞する
ことでしょう。そして一番難しいモチベーションを持ち続け一つ一つ階段を上ることが大事とは皆知っています。
 
 ならば、そのため必要なものをまず手に入れることから始めるのも意味があるのではと思うのです。 
 

 今日も競泳の男子チームが銀メダルを獲得しました。北嶋選手は「自分への挑戦」と位置づけています。
頭が下がります。
 

 私も遅いと思わずに、もう少し頑張ってみたいと思いながらテレビを見ていました。

                                       (終わり)


 
 ★ 右覧にこの記事に対しての投票が出来るようになっています。
 選挙ではありませんので、害はありません。是非投票を。

  




 

| 未分類 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーチングセミナー8月期ご案内

ワンコイン コーチングセミナー8月期ご案内


 第9回    テーマ  【好感度アップ】

◆日 時    8月8日(水)     18時15分~19時45分
◆場 所    秋田市 県民会館(ジョイナス) 練習室 3
                  


 第10回    テーマ  【上手に自己主張】

◆日 時    8月22日(水)     18時15分~19時45分
◆場 所    秋田市 県民会館(ジョイナス) 練習室 3

●  参加費     1回 500円 (施設利用料、資料代、通信費)


【好感度アップ】
  ○ 周囲を見渡すと「素敵だなぁ」と思わせる人々がおられます。笑顔、声、仕草は勿論、人を引き付ける
   多くの要因を備えておられます。人間力が大きな要素かもしれないのですが、少しでも自分も近づくのに
   必要なのは何だろうと思うのは私だけでしょうか。
  
  ○ そこで、今回は好感度をアップするには、自分の現在を知り、今後は何を身につける必要があるかを
   学びたいと思います。
   「必要ない」と思われる方も多いかもしれませんが、「私だったら」といわれる方も是非ご参加
    いただきご意見をいただければと思います。


【上手に自己主張】
  ○ 人には心のままに言葉として、発するのが苦手な方がおられます。「気まずくなりたくない」と
    思ったり、「叱られるのではないか」「評価が下がるかも」などこころの中で「云うべきか、
    いわざるべきか、それが問題だ」と葛藤している方がおられると思います。
  
  ○ 自己主張は自己顕示とは違います。言うべきことをどう言えば自分の「言いたいこと」を相手に
   「素直に受け止められる」かを学びます。

   あれこれ悩む前にこのセミナーに参加して、ヒントを持ち帰っていただければと思います。

☆  1日一つのスキルアップを目指して参加してみませんか。
   どなたでも参加できるセミナーです。お持ちしております。




| セミナー | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |