ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版




OSPブログ260号(政治家のみなさん、もう少しだけ分かりやすく・・)   2017/7/2



私の地域ではまだ梅雨が明けていません。したがって空はどんよりねずみ色ですが、
幸いにも洪水や風の影響は少なく、天気とは裏腹に穏やかに過ごせる一日です。


体調がすぐれない昨日、一昨日でしたが今日は夕方になって少し体力が戻って
きたように思います。

そこでようやく、久しぶりでブログに着手してみました。

最近の新聞は、国政、都政の問題でにぎやかです。
特に、今日は国政の煽りを受けながらの、東京都議会議員選挙の日です。



前回より、投票率がアップしているように報道されているようですので、政治家たちは
エリを正して業務に専念してもらいたいと思うのです。

最近の国会を見ていると、「国民に安心して任せてくれ」と大きな声で
訴えられる器の人はあまりおられません。

子供のころ、偉人伝を良く読むことを勧められます。


そう考えると、為政者たち政治家に、過去の優れたリーダーたちの資質を
持ち合わせてほしいと思うのは、ないものねだりでしょうか。

とりわけ、偉人と言われる政治家の方々と一番違うことがなんなのかを考えたとき、世の中で一番大事なことがなんだったのか反芻されることで答えは導くことが出来るように思います。

幼い時に立ち返ることで、答えは出てきそうに思います。
ただ、そこに色つきの「オブラート」さえ外せる勇気があればの話ですが。





最後までお読みいただきありがとうございました。





スポンサーサイト

| 時事問題 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」 日曜版



OSPブログ255号  (戸惑い)      2017,4,2



最近時間がありすぎるのか、有効活用が出来ていないのか、怠惰なのかは
自分ながら分からないのですが、TVのワイドショウを見る時間が多くなっています。


朝から一日中ワイドショウかと言いたくなるほど、世界から国内に至るまで
ニュースがたくさん飛び込んできます。


そして、そのワイドショウTV局があえてテーマを探さなくても、提供者が
たくさんおられるということになりそうです。



ワイドショウには評論家からタレントまで、様々な方々が参戦しています。


それを評論する人達はほとんどが「こう思う」などと、自由に推論を言うだけ
ですのでほぼ自由です。


それを見ていると、責任が伴わないのであれば、井戸端会議が得意な方々の
一般人を沢山参加させたらもっと盛り上がるのではないかとさえ思えてきます。



それほど、「井戸端会議にも耐えうるニュース」が多いということになります。




国会中継を見ても、国連やアメリカなど国外を見ても、世の中は昔から
こんなことの日常であったのかとの思ってしまう昨今です。



テロや暗殺、戦争に殺人、はたまた権力者の傲慢や金儲けのなれの果て
などを見ていると、世の中というのは、これが当たり前で、それに違和感を

覚える私自身の感覚がずれてしまったのかと戸惑うのですが、もしそうだと
すれば何をどう考えたらいいのか分からなくなるのです。



歴史は繰り返すというのですが、どの場面も権力争いや、目前の欲が
優先しての争いと見えてしまう私がひねくれているからでしょうか。



結局、人は生まれてから死ぬまで同じ道を歩くということで、歴史から学ぶ
などとは程遠く、いつの時代でもそれぞれの欲を満たそうとすることに
変わりがないのかもしれません。



人にとって「何が一番大事か」と問いかけたら、様々な答えが跳ね返って
きそうな気がします。



その価値観を共有できない限り、今の政治の劣化は防ぎようがない
のかもしれません。



でも、政治を動かすのは構成する国民、市民だと考えると、それぞれが
「何が一番大事か」を真剣に考えるときかもしれないと思うのですが、どうでしょう?



もっとも、国でも地方でも、「大衆の罪」と言われる、いわゆる流される
国民、市民になるのだけは避ける必要がありそうな気がするのですが・・・。





最後まで、お読みいただきありがとうございました





| 時事問題 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」日曜版




OSPブログ253号(秋田さきがけ新報社記者に乾杯)



2016年12月13日、秋田さきがけ政経懇話会12月例会が開催され、その内容が
掲載されていました。


ローカル紙ではありますが、秋田県で意識の高い経済人や知識人たちが
会員となって勉強されている懇話会のようですが、

今回は「世界から見た現代日本~政治、社会、メディアを考える」と題し、
元、ニューヨークタイムズ東京支局長であった、「マーティン・ファクラー」さん
のお話しを乗せていたのです。




彼は、阿部内閣が発足して以降、国内メディアの報道姿勢が委縮しているとし、
国境なき記者団が発表している世界各国の「報道の自由度」ランキングで

2010年には11位だった日本が16年には72位まで順位を下げたことに言及
したと言っています。



さらに「特定秘密保護法の成立などを経て、言論の自由は制限されてきた」
とも言われたそうです。




彼は、日本の報道各社が「批判的な記事や政府が意図する内容と
異なる報道をして、情報が得られなくなることを危惧し、政府の言いなりに
なっている」と批判し、政府も協力的なメディアに首相の単独インタビューの
機会を与えるなどメディアの弱みを利用していると指摘したとのことです。





報道に関しては、よく理解できていない私ですが、ただ、最近の政治の
進め方を見ていると、政府の独断もさることながら、報道各社の意識と
報道内容には、情報操作を感じるなど少し切れ味が鈍化しているように
思えていましたので、私の気持ちに合致したように思います。




とりわけ、TVなどは媚びを売るコメンテーターをそろえては、難しい課題でも
国民にあまり考えさせないように内容をスルーさせるよう運んだりしている
ように感じている私です。




そんな時、報道各社には、それなりの見識と信念を基礎に、
世の中の進む方向を間違えないよう国民に注意喚起させる責務があると
思っているのですが、

当事者の一社としてのさきがけ新報社がそのまま批判を記事にしている
のですから、その記事を書いた記者の勇気に敬意を覚えたのです。




もっとも、報道機関に限らず、私には野党の力量不足の責任が一番
重いように感じています。

トランプ氏が独裁になるのではないかとの懸念を持つ人もおられるようですが、
日本は大丈夫なのでしょうか。




世の風潮です。ローカルはローカルで似たような構図に見える各地域です。


全国報道より地方紙の生き方が難しいかもしれませんが、報道批判をキチンと
受け止めようとしているこの記者を是非大事に育ててもらいたいものと思います。




私の考えすぎかもしれませんが、もしかしたら忸怩たる部分を感じているかも
しれないこの記者が、「そんなことない!私がいるよ!」と訴えているようで、
心から頼もしく嬉しく思ったのです。




記者には、今の気持ちを忘れず更に優れたジャーナリストになってくれればと応援せずにはおられない気持ちです。





最後までお読みいただきありがとうございました。



| 時事問題 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」 日曜版



OSPブログ250号(グローバリズム) 2016/11/27



アメリカ大統領選で大方の予想を裏切り、トランプ氏が勝利しました。

嫌われ者同志の二人と言うことで、以前、私は「アメリカ国民の不思議」と
ブログに書きました。


今度は、よもやのトランプ氏の勝利です。



保護主義と、グローバリズムの闘いと位置づけられた選挙戦で、アメリカ国民の
利益を優先すると主張したトランプ氏が勝利したのです。


基本的にアメリカは多民族国家、それも世界中からの移民の国だったのです。

しかし、今は多民族の流入を、以前からの多民族が既得権を脅かされていると
叫んでいるようにも聞こえます。

それも特に白人たちの経済的背景が最悪だと言うのです。


一方、TPPなど日本経済の成り立ちに大きな影響を及ぶとして、国会では
強行採決までして法案を進めようとしています。


これまで、世界はアメリカ主導で動いてきた感が強いのですが、
考えてしまいました。


個人の集まりが家族、集団、社会、国家、世界と構成されていくのですが、
確かに私たちは一般的には、自分の基盤、家族の基盤構築を先に考え、
その後に周囲や社会のことに思いを馳せていきやすいと思うのです。


もとより、自分を犠牲にしても、世のため人のためと、わが身や我が家族を
犠牲にしても社会貢献をしている方々もおられます。

そうなると、オバマ大統領があまねく人類平等に平和に豊かにとは
、理想としては共感できても、だからと言って明日家族を飢えさせる
わけにもいかず、身近にホームレスや、無職の若者がゴロゴロしている
状況を見ると、グローバリズムにも犠牲者が存在することになるのではと
思ってしまいます。


難しい命題を私たちは突きつけられている気がします。

自分たちが世界に貢献できる範囲はどこまでをいうのでしょうか。

年金支給率を下げようとする法案も国会に提案されています。

年金だけでは生活できないとする日本人高齢者を悩ませています。


私はとりわけ、トランプ氏を支持しているわけではありません。

ただ、基本を個人の生死を基準にしたとき、他者にどれだけ
優しくなれるかと思うだけです。


世界中の国が自分たちにできることを、それぞれ、役割分担しようとしています。




キュウバの指導者、カストロ前議長が亡くなりました。

独裁者とも言われた彼を国民は崇拝していると報道されています。


何が、正しく、何が正しくないなどは、歴史が証明するそうです。


でも我々は歴史の評価まで待てないのです。
今の問題なのです。
権力者たちににそこまで甘えてほしくないのです。

歴史を待つのは人間の知恵の積み重ねがない、学習がないだけの
結果と思うのです。



歴史の評価などではなく、今現在、決定的な間違いをしないよう、
トランプ氏に限らず、世のリーダーたちに十分認識してもらいたいと
思うのは私だけでしょうか。




最後まで、お読みいただきありがとうございました





| 時事問題 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」日曜版



OSPブログ247号(不思議な国アメリカ)    2016/10/16



アメリカ大統領選挙で、民主党・クリントン候補、共和党・トランプ候補がそれぞれ
終盤の闘いをしています。

TV討論も二度行い、誹謗、中傷の嵐であまり上品とは言えない様相を呈して
いるように見えます。


嫌われ者の二人だと時々報道されるに及んでは、ならばどうして大統領の候補に
なれるのか、私は不思議な気持ちにさせられます。



嫌いだということと、大統領の能力とは判断の基準が異なるということでしょうか。



そうとすれば、大統領の資質について、TVの国民のインタビュウを見ても、
決して高い評価でないようですので、その矛盾をどう説明するのかと思って
しまいます。



いずれ、どちらが当選しても、世界をリードしていけるのかと世界中が注目して
いると思います。


アメリカは大国ですし、その傘の下にいる国、傘の外にいる国の今後に大きく
影響すると考えるからだと思うのです。



しかし、結局はアメリカ国民がそれぞれ推薦してきた二人ですので、国民が
「あきれる二人」などとは言えないのではないかと私などは思うのです。




そんな環境を作り上げた責任は、候補者たちだけでなく、
国民にも帰属すると思うからです。





さらに、最近よくニュースでフィリピンの大統領が登場しています。


近々来日すると伝えられているこの大統領も、少し危うさも兼ね備えて
いるような報道です。




世界のそれぞれの国にはリーダーが存在し、自国だけではなく、
他国との関係で大きくクローズアップされてきます。




今や「世界」が単位になったり、命題になったりしているからだと思います。


昔のように国粋主義者などという言葉は死語になっているのかもしれません。




そう思うと、それぞれの国の国民が一番心しなければならないのは、
リーダーの選出だということにもなりそうです。





アメリカ大統領選の昨年からの熱狂さには、危うさを感じます。





私などは、時折、冷めた目で見る変わり者の性格も手伝い、国内のスポーツ、
音楽ライブ、政治においてさえも、それぞれ熱狂する人々の姿に覚めて
しまうことがあります。





ヒトラーも、初期の段階では国民の熱狂的な支持があったり、独裁政治の国で、
例え作られた演出とは聞かされても、人の「付和雷同への危うさ」を気に
してしまうのです。
 




しかし、国内も含めて、要因が何であれ、時と場合によってはですが、
異常な環境を作り上げるのが、「大衆の熱狂」にあるかもしれないと思うのは、
7私が臆病だからでしょうか?






最後まで、お読みいただきありがとうございました。






| 時事問題 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT