ワン ステップ プログレス 

想いを描いて行動する   ~OSP 自己実現支援研究会~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版




OSPブログ257号(ソヨゴをご存知ですか?)          2017/4/23



柿の木を抜いた後にと、庭師の方が新しい木を植樹してくれることに
なりました。


先日、庭師の方が植樹の提案をするために、家に電話をかけてきたのです。


受けた妻が、もともと庭師の方にお任せだったのですから、よろしくお願い
しますと言ったそうです。


でも、その後ネットで何か調べているのです。



訳を聞いたら、庭師の方から今度植栽する木が、「ソヨーゴ」だと聞いたけど、
初めて聞く木の種類なので、どんな木なのか調べているというのです。



だけど、一生懸命調べても「ソヨーゴ」では出てこない。もしかして「ソーヨゴ」の
間違いかと思い調べても、それでも出てこない。どうしてなのかと思い悩んで
いるのです。



「今度庭師が来たら聞いてみたらいいよ」、と不満顔の妻を見ながらその場は
収まったのです。


2日後、植栽に現れた庭師に今度は私が直接木の名前を教えてくれるよう
頼んだのです。



口頭で「ソ、ヨ、ゴ」です。というのです。


なるほど、「ソヨーゴ」とも聞こえる口頭説明ですので、私は確認しました。


「3文字のソヨゴですか?」、と聞いたのです。


そしたら、「そうです。ソ、ヨ、ゴ、」です。と答えるのです。



妻に、すぐその旨を伝えました。「ソヨーゴ、でもソーヨゴ」でもない。

「ソヨゴ」の3文字だと言ったら、すぐネットで調べた妻が「あった―」と歓喜の
声です。



伝え方、聞き方の難しさを再認識したところです。


世の中、「言った、言わない」、など巷での会話や取引などの世界に限らず、
詐欺や各種トラブルなどが発生しやすい事例です。



したがって、特に商取引などの場合、書面で証拠を残すようにするのですが、
いかなる場合も出来る限りの確認作業をおろそかにしてはいけないように
思いました。



昨今は国会の場での論戦でも、「言った、言わない」、証拠書類もないなどと
言われているのを見ると、人間社会も大して進歩していないのかもしれないなどと、
思ってしまうのです。



その根底に、若し責任逃れや、思い込みによるものも多いとなると、
もうすでに実施しているかもしれないのですが、小学校の頃から、

算数、国語と同じように、社会生活の根底に関わる「聞き方、伝え方」、程度の
コミュニケーションスキルを徹底して学んでおく必要があるのではないかと思って
しまいます。





最後までお読みいただきありがとうございました。






スポンサーサイト

| コミュニケーション | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」日曜版




OSPブログ237号(いい感じの距離)      201/8/7



先日の社員研修で、「どんなコミュニケーションが望ましいか」を尋ねてみました。


18人の参加者で、30代が主流の研修だったのですが、いわば若手の方たちの
研修ということになります。


コミュニケーションは普遍の課題です。人間社会ですので、人との交わりで社会を
構成し、その中で生きていくために理解しあったり、折り合いをつけたりして、
生活しています。



そのためには、時には自己の欲望を抑え、相手の意思を重んじるなど、
人々は工夫して交流しています。



職場での組織力を向上させるため、チームの構成員がどうあるべきかなど、
論じられるのですが、個々人の性格の違いもあり、共通する課題もあれば、
個人に帰属する課題もあり、それぞれへの対応を考えなければなりません。



共通のスキルは、たとえば、傾聴姿勢や、伝え方などお互いが快く相手の意向を
理解しようとする姿勢が求められますので、社員研修などは、この共通点を勉強
していくのが一般的です。


それにもかかわらず、コミュニケーションの得意・不得意
には個人差がありますので、組織に入りながらも、離脱する人も多いようです。



もっとも、個々的なコミュニケーションより、組織風土が問題だと言う人も
おられますが、しかし、究極の課題としては、良好な人間関係を構築するための
コミュニケーション力の問題だと言えるのかもしれません。



私の「望ましいコミュニケーションは?」というザックリした質問に、20代前半の若者が、
「いい感じの距離感を持つこと」と、答えたのです。



ザックリした質問ですので、ザックリした答えが返ってきたと思い、私も苦笑しました。


でも、「いい感じの距離感」という言葉に、私の脳が反応したのです。



皆に共通する、コミュニケーションスキルも大事ですが、個別対応にもなるか
もしれないこの言葉が、脳に着床したのです。



分かりにくい言葉ですが、分かるような言葉でもあると思ったのです。

言葉の共有は、皆同じ理解にならないこともあるのですが、個々人への対応は、
自分を基準としながらも、ある人とは50センチ、ある人とは5メートル、ある人とは
500メートルかもしれないのです。



そして、これは、誰もが駆使している感性が活躍している状態だと思ったのです。


だからこそ、何とか人との交わりを「その時それなり」に賄えているかもしれない
と思ったのです。



ただ、その距離感をのばしたり、縮めたりする作業をいつも潜在的に考えて
いるのが日常だとすると、その感性をむしろ、もっと磨く必要にもなるかも
しれないと思ったのです。



トラブルをさけ、嫌な思いを回避するには有効な気もするこの言葉も、残る課題は、
「自己主張」するときの「いい感じ」も、併せて会得する必要もあるのではないか
とも思えたのです。


でも、この若者の発言に、私の、「通り一遍の研修」では無礼だとの反省させ
られたのです。


結局、私自身が、「良い研修をさせていただいた」、一コマだったようです。





最後までお読みいただきありがとうございました。





| コミュニケーション | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今日のいっぷく」=日曜版


OSPブログ226号 (知能ロボット)      2016/5/21



科学の進歩は素晴らしいです。

これまで科学者たちが発見、発明された多くのことで、
私たちはその恩恵を受けています。


最近、私は知能ロボットに関心を持っています。


若い人たちがコミュニケーションが得意でないと言われますが、
スマホで交流しているから、コミュニケーション不足にはならない、
とも反論するそうです。


スマホを通して確立されるコミュニケーションのようですが、
企業の転職の原因や、大学生の就職での不安が、コミュニケーションにある
などと聞くと、何をどう考えていいのか分からなくなります。


人との対面やコミュニケーションの有り様が面倒だということでしょうか。


もとより、私も得意な分野でありませんので、他人事ながら気になるのです。


コミュニケーションとは、広辞苑によれば、意思の疎通とあり、意思とは考え、
思い、物事を積極的に成し遂げようとする状態を指すとされます。


人は、「交われば煩わしく、1人になれば孤独になる」と
言った哲学者がおられるそうです。


したがって、気が向いたときだけコミュニケーションがあればいい
ということでしょうか。


最近、話すロボットが話題になっています。ロボットと会話ができるのです。


囲碁将棋で人間と勝負している、「知能ロボット」も開発されているのですが、
話すロボットは独居老人には必需品になるのかもしれません。


ペットやTVと話している高齢者が増えている状況ですので、
あまり面倒でない人間ロボットが珍重されることになるかもしれないのです。


しかし、スマホでもロボットでも機械を通してのコミュニケーションが
楽しいものかどうかは今の私には理解できていません。


それでも、人間とのコミュニケーションが難しくなったとき、
孤独を癒すためのツールとして一考を要することになるのかもしれないのです。


少し、寂しい気もしますが、体も動かず、頭も働かなくなったときを考えると、
その時必要と思えば、やはり手に入れようとすることもあるかもしれないと思います。


しかし、機械に感情移入が出来るようになるのかどうかは分かりませんが、
可能な限り、人間相手のコミュニケーションを培っていきたいと、
思うのは私だけではないと思います。


交わりたいときにだけ交わり、嫌な時は交わらないとして、あとは機械任せの
コミュニケーションの世の中になるのはいかにもさびしい気がするのです。


パソコンでのフェイスブック、スカイプなどもコミュニケーションツール、
とされています。


知らない人とすぐ会話を始めることが可能となる、これらのツールも使いようで
奏功しているのでしょう。


それならむしろ、ロボットにはコミュニケーションの相手を
させるだけでなく、聞き方・伝え方などコミュニケーションスキル向上の
トレーニングツールに使うことが有効活用になるのではないかと思います。


そのうえ、脳活などに大きな役割を果たすかもしれないと思うと、
やはり、人間は人間のために使う機械を作るのだと、納得するに至るのです。





最後までお読みいただきありがとうございました。





| コミュニケーション | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[今日のいっぷく」  日曜版




OSPブログ182号(スマホの功罪)         2015/7/5




オリジナルな進化を遂げた、ガラパゴス諸島の生物に例えて、

以前からの携帯電話をガラケーというそうですが、

私はまだそのガラケーのお世話になっています。





しかし、今はスマホの時代で、中年に属する方々でも、

愛用者が増えているようです。




もっとも中・高の生徒たちに関しては、学校側で規制しているところも

あるようですが、大人であっても町中でナビに頼って目的地を

探したり、ラインとか言って仲間内でコミュニケーションを

取り合っている方も多いようです。





時折報道されることがありますが、メールを見て返信しない場合に、

いじめの問題にまで発展する場合もあると聞いては、

難しい世の中になったと思うこともあります。




もっとも様々なアプリを提供しているスマホですので、

楽しみ方も多様で愛用者たちにとっては、

もはや手放せない必需品になっているようです。





多分、このスマホも魅力のあるものとして定着している現象

と思うのですが、高齢で機械に疎い私は残念ながら、

スマホにシフトする勇気をまだ持てていません。





イギリスではスマホの使用を禁じたことで学生たちの成績アップ

につながったとも言われてもいるようですが、

他に私が少し危惧していることがあります





時々、レストランや娯楽施設に行くことがあります。

そこには、家族や、友人同士、恋人同士など多数お出でになるのですが、

最近の傾向として4・5人など複数で来ていながら、現地では各自が

それぞれ勝手にスマホに夢中になってる姿を多くみかけます。





お互い無言のまま、夢中でスマホに指を走らせているのです。




時折依頼される企業や組織での職員研修で、初めに依頼される

テーマに多いのが、コミュニケーション力の向上です


いわば、会社での組織力の機能を高めるためにコミュニケーション能力を

重要視しているということのようです。




その時用意する研修のレジュメはたいてい、「聞き方、伝え方、

さらにはホウレンソウや説明力」と進んでいくことになります






コミュニケーション能力を高めるには、勿論相手の顔を見ながら、

笑顔など相手に好印象を与えながら、しかも相手に寄り添うことを

基本としてトレーニングすることになります。





人は日常、人とのかかわりで生活しているのですが、

そこでは言葉のやり取りを沢山しているにお関わらず

コミュニケーション能力が不備だという組織が多いということは、

人は日常生活でコミュニケーション能力を培っていないということに

なるのでしょうか。





レストランに複数の人で食事に来ていながら、食事しながらも同席の人と

ではなく、その場にいない人とスマホでコミュニケーションをとられて

いる方もおられるようなのです。





それならむしろ各自バラバラでカウンターに席をとってもらった方が、

複数で食事を楽しもうとされる方々への貢献にもなると思うの

ですが言いすぎでしょうか。





更には食事しながらスマホをいじっている人を見ると、

相手の感情を読み取れる折角のコミュニケーション培いの場を

無駄にしているようにも見えてしまいます。





スマホも活用の仕方について、メーカーも愛用者も、

キチンと考察すべき時期に来ているように私には思えるのですが・・。







最後までお読みいただきありがとうございました。










| コミュニケーション | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ 今日のいっぷく] 日曜版



OSPブログ151号 (そんなお母さん、嫌だなァ)   2014/11/23



いつまでも、子供の心配を終われないのが親の宿命のようにも思いますが、

学童と言える時期までの子育てについては、相当以前に終えている私が、

先日、子育て真っ最中の若い「お母さん」と話す機会がありました。





お子さんのA君が学校から帰ってそのお母さんに言ったそうです。

時々お子さんと一緒にゲーム[マリオブラザーズ]を楽しんでおられるよう

ですが、それを聞いたお子さんの友達B君が「そんなお母さん、良いなァ」

と言ったというのです。



若しかしたらB君のお母さんは忙しい日々で子供の相手をしている時間が

少ないのかもしれませんが、その時A君が、「でもうちのお母さん、

強くて俺いつも負けてしまう」と続けたというのです。





その時B君の応えは、「そんなお母さん、嫌だなあ」

言ったというのです。





「このやり取りをどう聞きますか?」笑いながらのお母さんの

問に、どう応えたらいいのか分からなかった私です。





最近子供の学力テストで都道府県が競っていますが、同時に情操教育も

叫ばれるなど子育てに熱心な環境にあるようです。



すでに昔のこととして関心を持たないでいる私に注意喚起された

気持ちになりました。





親が子供と遊ぶ姿はどこにでもある風景ですが、勝ち負けにかかわる場合、

子育てではどうしたらいいのかと、昔を思い起こしながら考えてみました。





正しい答えがあるのかどうか判りませんが、子供の個性が皆違うことを考えると、

応えは多岐に及ぶのではないかとも思えます。





今回のA君とB君のやり取りで云えることは、子供であっても「負けることは

悔しいこと」だと思いますが、だからと云って「親が負けてやればいい」と

言う結論にはならないと思うのです。




「わざと負ける」ということはむしろA君の誇りが傷つくとも

考えられるのです。





スポーツでの勝ち負けはなど、あらゆる場面で起こる現象を見ると真剣な相手に

勝ててこそ、始めて大きな満足感が得られるのではないかとも思うのです。



やはり、このお母さん、わざと負けるようなことをしてはならないと

思うのです。





世の中「ハンディ戦」と言うのがあります。




柔道でもボクシングでも体重によって、クラスを決めます。


子供と大人の分け方もあります。スポーツに限らず、例え、ヘボ将棋と

揶揄されるものでも、「飛車・角おとし」としてハンディをつける闘い方もあります。




真面目に対応しないと子供に勝てるとは限らない状況を作るのが

親としても大事だと思うのです。





従って、ゲームであっても何らかの「ハンディの採用」を考え、


真剣に勝負することが子供に敬意を払うことになるのではないかと

思ってしまいます。





真剣な親に勝ったときの子供の笑顔は得意満面です。


自信がついていくのです。

勉強でも同じです。

英語でも、歴史でも、国語でも算数でも子供はどんどん親を越していきます。





子育てのとき気づけていればと反省している私ですが、

ゲームでも何でも親自身が真剣に取り組む姿を見せておくことが大事な

ことと今思いあたっているのです。





最後までお読みいただきありがとうございました。





| コミュニケーション | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT